中山グランドジャンプ(なかやまグランドジャンプ)とは
日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の障害・芝4250mで施行する中央競馬の障害の重賞(J・GI)競走(国際招待)である。正式名称は農林水産省賞典中山グランドジャンプ。

日本の障害競走の春のチャンピオン決定戦であり、JRAの年間競走の中で最も長い距離で施行される。また優勝タイムも5分近くかかるため、日本国内の競馬では優勝タイムが遅い競走のひとつである。

ジャパンカップダート
■ 開催地 中山競馬場
■ 格付け J・GI
■ 距離 障害・芝4250m
■ 賞金内訳 1着:6500万円、2着:2600万円、3着:1600万円、4着:980万円、5着:650万円
■ 出走資格 ・ 原則としてサラブレッド系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬及び出走登録を行った外国調教馬8頭以内。出走枠は16頭まで。
・「通算の収得賞金」+「過去1年の収得賞金」+「過去2年のJ・GI競走の収得賞金」で決める。
■ 負担重量 定量(4歳62kg、5歳以上63kg、牝馬2kg減)

【前哨戦】

競走名 格付 施行競馬場 施行距離
阪神スプリングジャンプ J・GII 阪神競馬場 障害・芝3900m
ペガサスジャンプステークス OP 中山競馬場 障害芝3350m

【中山グランドジャンプ 中山競馬場 障害芝外周り4260mの特徴】

中山グランドジャンプコース

スタートは中山の芝が向正面で内コースと外コースに分かれていてその合流点となる第3コーナー付近。約3/4周に渡って順回り。向正面から年に2回しか使わない大障害コース(大竹柵障害を飛越)を通過して逆回り。第3から第4コーナー側のコースを逆回りして2回目の大障害コース(大生け垣障害=通称・赤レンガ=を飛越)を通過。順回りで走り第2コーナーから置き障害が置かれた普段は平地競走で使う芝の外回りコースを利用して芝でゴールする。