阪神スプリングジャンプ

阪神スプリングジャンプ(はんしんスプリングジャンプ)とは
日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の障害・芝3900mで施行する中央競馬の障害の重賞(J・GII)競走である。

翌月の4月に中山競馬場で開催される障害競走の春の総決算である、中山グランドジャンプ(J・GI)はもちろん、年末の中山大障害(J・GI)のを占う意味でも重要な競走となっている。

阪神スプリングジャンプ
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け J・GII
■ 距離 障害・芝3900m
■ 賞金内訳 1着:4000万円、2着:1600万円、3着:1000万円、4着:600万円、5着:400万円
■ 出走資格 サラブレッド系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬(外国産馬を含む、未出走馬及び未勝利馬は除く)
■ 負担重量 4歳は59kg、5歳以上は60kg、牝馬は2kg減を基本とし、J・GI優勝馬は2kg、J・GII優勝馬は1kgの負担重量が課せられるよう定められている。

【レースコース】

平地競走用の芝コースのホームストレッチから4コーナー側へ向かってスタート。置障害を飛越したあと、4コーナーで左へカーブ、障害コースに入る。3コーナーと4コーナーの中間にある生垣障害を飛越し、そこから1周、障害コースを逆回りに進む。そして3コーナーから1コーナーにかけての襷コースに入り、グリーンウォール・竹柵障害を飛越する。周回コースに戻って今度は1コーナーから順回りに進み、4コーナーから平地競走用の芝コースに戻る。最後の直線で最初に越えた置障害を最初とは逆向きに再度飛越してゴールイン。スタートからゴールまで通算で14個の障害を飛越する。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: